灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

天国と地獄をテーマにした英文を急に思い出しました。

むかーしむかし、塾で大学受験指導をしていたころのおはなし。
英語の長文読解の過去問をひたすら集めた、あのぶっとい問題集ありますでしょ?
あの中に、今思えば面白いなぁというものがあって。

とある青年が、二つの空間を過ごして、後にどちらか1つをずっと生きる場として選びなさいと
選択をせまられます。

1つはお花がきれいに咲いていて、空気は澄んで青空がどこまでもひろがっている。
そこにいる人々はとにかく穏やかで、にこにこしている。
食べ物も果物や野菜、いろとりどりのものがふんだんにある状態です。

もう片一方の世界は、ピカピカした電気が輝く煌びやかなところ。
分厚いステーキにおいしいお酒、きれいなお姉さんがそばにいます。
そこに過ごす人々はいつも元気で、でも気性が荒くて不安定。


これらの二つの世界を同じ期間だけ男は過ごします。
そして、どちらかを終の住処と選ぶ時、彼は後者に迷わずいきました。

お花がきれいな世界はなんだかつまらなかったのです。
人々も刺激的ではなくて、つまんないし。
必要なものは全てあるのだけど、つまらない。
足りない、足りない。
平々凡々はごめんさ。

ピカピカの世界はとっても毎日がわくわくドキドキできる!!
これが天国といわないで何といおうか。

とな。

だんだん、読めてきました?

この天国だと思った世界、実は地獄だったのです。
どちらかを選んで良いよ、と言ったひと(いわゆる神様)が種明かしすると、ピカピカの世界の
全ては偽りのものだと判明しました。
きれいなお姉さんは汚いデビルちゃんに代わり、肉汁あふれるステーキは実はゴミ。

ひょえー

天国てゆるやかでおだやかで平坦。
刺激を求めてるひとにとっては、ただつまらない世界、、、
何でも思い通りになる世界てワケじゃぁない。

どきどきわくわくが薬物みたいに刺激的なものになっていて、それにずっと慣れてしまっているあなた、ゼロしかない天国をちゃんと見極められますか?

というような内容でしたの。

高校2年生の生徒さんと一緒に問題といて、へー、そうなんだー、ふーん、
て、ずっと言いながら読んできた記憶があります。

わたしはずっとお風呂はこの世の天国よ〜と思っておりましたが、娘が生まれてから
戦場に変わりました(笑)

天国を「幻」や「いつか」行けるところだと遠いものとして捉えるより、身近に天国を
創造したいものです。

[PR]
by akariterrace | 2014-11-29 08:16 | なんとなしのはなし

ころころこころ

恐怖心て誰にでもあると思います。

恐怖心がないと生物として生きながらえないという見方もありますし。

相談者さんの中に、「何かを始めるときの恐怖心ゆえに、何も変えられない」という
ジレンマを抱えていらっしゃる方もみられます。
もちろん私もあります、そういうこと。

コワイ…の中身は人それぞれだしその時々の産物ですが、だいたいはその恐怖心が
今までの自分を守ってくれていたもので、且つこれからは自分には不要だと実は感じている、
という共通点があるように思えます。

自分の奥底をじっくり見つめれば、そのことに気付けますが、それを乗り越えられるのは
やはり行動してゆく自分自身。

自分が感じた事を自分で整理して決める。
そして動いてゆく。

セラピーで感じ方をサポートしたりオーラを強くしたりして、パワーアップはもちろん
お手伝いできますが、やはりその基盤になくてはならんのはご自身の気持ちです。
どうしたいか、どうするか。

何かを決める、という行為は自分の人生への誠実さの現れなのかもしれませんね。

こわいー
2さいの我が子もよく言いますが、わりかし早い段階で覚えた言葉だと思います。
「おとうさん」よりも早かったような。
車やバイクの爆音、飛行機の重音、いかつい車のフォルム、鬼、てんぐ、仮面をかぶったキャラ、暗闇、、、
これらがこわくてたまらんようです。

うんうん、こわいねこわいね、だいじょうぶだよ
とひたすら隣で念仏のように母は言っておりますが、今後の彼女の恐怖の対象はどうなるでしょうねぇ。
なーむー



[PR]
by akariterrace | 2014-11-27 16:26 | なんとなしのはなし
かつて全身麻酔をしたことがありましてのう。

そのとき、予想していなかったことが起こりました。

赤ちゃんがお腹のなかから天国さ行った後の手術だったので、心もかなりのダメージを
負っていたのですが、いざ麻酔をかけて手術となるとあら不思議…
体の感覚がゼロになると同時に感情までもが無くなったのです。

そこにあるのは思考のみ。
思考かな、違うかな。
魂だけが残ったという方が近いかも。

嬉しい、悲しい、怒りたい、情けない、みじめ、楽しい、しあわせ、生きたい、もうやめたい、、、

そんな感情がどこを探してもありませんでした。

あれ?ショックでこうなったのかな、とも考えても違いました。
事実だけが言葉と共に存在するだけ。

あぁ、手術したね、わたし。
そして赤ちゃんは天国に無事に行ったね。
うん、そうだ。そうだ。
それでいま病院のベッドの上で。
目が覚めようとしているんだ。
目が覚めるということは、体て、あるよねぇ。
うん、あるね。
これ、わたしの体だねぇ。
あら、そこに旦那さんがいるじゃない。
そうかそうか、うん。

こんな感じ。

しかーし!!
麻酔が切れてきて体の感覚が戻ってくると同時に、感情も戻ってきました。

うそでしょ、赤ちゃんもういないなんて。
なんでわたしが?
ヤダヤダ!!返して返して、赤ちゃん返してっ
わたしは何か悪いことした?
どうしてどうして
やだやだやだやだやだやだー

止まらない涙。

という経験でした。

それから数年たったいま思うのはですね、肉体が授けられているからこそ感覚や感情があり、
それがその人の経験になって魂をキュコキュコ磨いてくれるのねーてことです。

悲しいとか苦しいとか一見マイナスに思える感情も、心身共に与えられているからこそ味わえる
ことなんだと。

まぁ、嫌なものは嫌と感じるのも自然ですけどね。
でも味わい尽くすのが「生きてこそ、生かされてこそ」なのかな。

自分の感情と向き合ったり事実を受け入れるのが大変なときも、もちろんありますよね。

魂は傷つくことは決してなくて、磨かれるだけ。

キュコキュコ作業がしんどくなりすぎないように、セラピーがあるよなぁてしみじみ思います。

ちょこっとだけ、エイエイオー

[PR]
by akariterrace | 2014-11-22 16:31 | なんとなしのはなし

ごぶさたで〜す

もう11月ですって。
あれあれ。

更新してなかったので、何回か問い合わせを頂いたりしましたが、おかげさまで
無事に活動しております。ほほほ
ちょっと体調崩したり、子どもも珍しく熱が長引いたり、バンパイアに遭ったりと、てんやわんやなのもあったりで。
調整にこのくらいの時間を要した、というワケであります。

心身共に浄化やらなんやらが激しい時は、私の場合、外に向かって表現するという活動が
ストップすることが多いです。

今日は北茨城の皇祖皇大神宮さんへ行って復活・チャージでした。

たくさんの言葉や感覚を頂いてきましたが、一番グッと来たのが
「弱いフリをするのをおやめなさい」
というメッセージ。

これはプッと吹いてしまいました。
祠の中に笑い女現る、です。あーやーしーいー

強がるな、無理するな、とかは予想出来るんですけどね。
まさか自分が弱いフリをしていたとは…気付いちゃった気付いちゃった〜です。

あとは、
・感じ方を広げてみよう
・自分には必要だ、と決めなさい。
  ひたすら求めることと必要なものを決めるということは全く違います。
・物事を拡大させたり、いわゆる成功という体験は、あなたの魂が磨かれるものではないのかもしれません。ただ、経験してみる。人生を味わい尽くす事をひょっとしたら魂はより求めているのやも。
 (成功を求めて何かを決めたり実行する、という生き方ではないよてことかな。)
 
などなど。

私にだけ向けられたメッセージではないと思うので、どなたかにも共鳴して役立ててもらえたら
いいなぁと思います。

大根2本で28円て安い、安いよ…おそるべし水戸の八百屋さん。
ビーフシチューに大根入れるの好きです。
隠し味にお味噌入れて。
ご飯にも合うシチューになりまっせ。
冬だねぇ。

[PR]
by akariterrace | 2014-11-21 15:12 | なんとなしのはなし