灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

目ヂカラ

今年は運気がよくないらしい、とか
あの人との相性はイマイチだ、とか
自分の能力はこれこれだから、あれあれな職業がいい、とか

「占い」が「自分の人生」より先立ってしまう場面をよくお見受けします。

不思議なものでね、「この3年は波が激しくて大人しくするといいて言われたから、何もチャレンジ
しないほうがいいですよね」て態度でのぞむと、本当にそうなります。
占いを否定してるわけではなくて、だれかに判断されたことにのっかってるだけでいると、もう自分の
人生じゃなくなっていくんだな。
「再来年に出会う人が運命の人よ」て言われて、それを判断材料にし、自分の人生を決めていくと
いまおつきあいしている人との関係をないがしろにしてしまうことにも。

全部、そういう可能性がある…くらいにしとこう。
してみてはいかがざんしょ。

土日は群馬の伊香保方面へ行ってきやした。
ブルーベリー狩りをしてみた。
なかなか高い位置にある果樹園だから、とても空気感が軽くて涼やかでしたわ。
ビバビバ扇状地〜
ブルーベリーて、1つの果樹園さんに何十種類もあって、
見た目も実のつき方も味も風味もなにもかもがそれぞれ違いました。
3歳のこどもにはちょっとさわやかすぎるのかしら。
彼女は延々と実をとるんだけど、食べない食べない。
とるのみ。
大人としてはとても甘かったんだけど、「すっぱい〜」て言ってましたねぇ。

結実しているさまを見るのは、幸福を感じました。
実がなって、陽が当たるとみるみる色がかわっていくブルーベリーさん。
素敵でした。






[PR]
by akariterrace | 2016-06-27 20:21 | なんとなしのはなし