灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

きほんのき

自己評価が低すぎるといのは、さまざまな弊害を起こします。

自分なんて。
こんな自分に価値はない。
人にいいところを褒められても、素直に受け入れられない。
いつも人と比べて、自分のダメダメなところばかりにフォーカスしちゃう。
などなど。

こうやって「自分いじめ」をしていると、同じく「低級な」ものがまわりにわんちゃか
やってきます。
自分にふさわしいものを常に呼び起こし、出会うようになっていますからのう。

「わたしなんて…」そんな思いが少なからずではなく、全身のほとんどを埋め尽くしている場合、
なんでもいいから自分をとりもどしてくださいな。
カラーセラピーは、それが瞬時にできるからいいやね。
色に良し悪しはないから。
そして優劣もない。
自分の色を見つけて、その色がきれいに発色するように向き合ってみる…まずはそこから。

自分のテーマカラーのようなものが満喫できると、その色からの課題は修了したとみなされて、
また違う色を輝かせる旅路へとむかえます。
どんな色が、あなたを待ち受けておるのかのぅ。

ボンボヤージュですじゃ。

[PR]
by akariterrace | 2016-06-20 16:41 | なんとなしのはなし