灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

full moon

お客様が望んでらっしゃる言葉をわたしから口に出すことができないことが、ままあります。

顕在意識が望んでいる言葉。
それは、必ずしもハートの声と魂の声と一致するわけではないのであります。
魂をせっせときゅこきゅこ磨くためには、顕在意識が「避けたい道」を意識する必要も
あったり。

どうしても結婚したいのに相手に恵まれないとしましょう。
「素敵な相手に巡り合って結婚すること」が顕在意識が求めることであり、ゴールだと思ってしまう。
ですが、人にも時にもよりけりですが、ハートの叫びに「今世は一人の人間として、婚姻関係を結ばないところに
学びを得たい」とあったりする。
または、「異性と出会って幸せにはなってはいけないという罪悪感」があるケースも。
オリから出たい!と望んでいるはずが、実はずっと変化したくない〜と抗っていたり。

いろいろなので一概には言えないのですが。

そのため、セッション中には相談者様が必要とされる言葉やエネルギーをそのとき必要なだけ
お送りしております。
「10」ある言葉のうち、目の前の相談者さまが「10」全てはとても受け取れないな、時期ではないなというときは
今回は「6」お伝えするにがベストだと判断します。
あとの4を伝えないのはダメじゃん?と思われるかもしれませんが、ちょうどよいというものがありますので
そこは天やら宇宙やらお守りくださるさまざまな存在を信じて…一緒にやりとりするわけです。

残りの「4」は、相談者さまが日常の生活の中で得られることもよくよくありますしね。


あせらないあせらない

癒しはとくに、あせらないでオッケー058.gif















[PR]
by akariterrace | 2016-05-21 08:14 | なんとなしのはなし