灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

ステキな三角

自分の体に不信感を抱くことは、とてもとても苦しいものです。

私個人の話ですが、流産を繰り返した頃「自分の体はどこかおかしいに違い無いんだ…」
そんな漠然とした不安と疑念を抱きました。
(医学的には何も原因はなかったのだけど。)

で、そんな当時の昔なつかしい私がとった行動は「体質改善」です。
タイシツカ〜イゼ〜ン

まずは食事ということで。
マクロビ、精進料理、薬膳料理、1日1食、断食、オーガニック、精製したものは口にしない、カフェインはとらない、
お酒を一滴も飲まない、なぞの健康食品、、、なーどなど。
あらゆるジャンルの「体のため」をトライ。
なかなかの時間と費用をかけ、やってみました。
教室にも行ったなぁ。
ナゾのセミナーにも行ったっけなぁ(笑)

結局のところ、私にとっては「極論」になってしまって続きませんでした。
体の心地よさや気分のここちよさを実感し続けていられたら続いたのかもしれんが。
で、一本攻めを止めてすべての要素を鑑みて、いいとこどりを選択しました。

だからラクよ。
なにごともほどほどに。くらいのゆるーいスタイル。
スタイルて言うとカッコよくなっちゃうわな。

すでにあるテキストにそって、何事も選択したり決めたり行動したら
それはとてもラクかもしれません。
その段階が必要な時はもちろんあります。
が、自分専用のテキストなんて存在しないんだわ。
だから自分と相談しながら自分に合わせてやっていくしかない。
既存の教科書からしたら、自分はアウトローだとしても、ドロップアウトしたことになっても。
もちろん、助けになる周囲のいろいろはありがたく使わせてもらって。

先生、師、お手本、教科書から離れるのはひょっとしたら怖いことかもしれません。
でもね、大丈夫なんだな。

生まれた時から自分に必要なものはすべて揃っている。

おにぎりてなんてなんて美味しいんでしょう。
わたしは自分の手が好きです。
なんやら素敵な何かが出ているから、出やすいからこの手はとても大事だし好きだ。
だから自分のにぎったおにぎりもちゃんと好き。うんまい。
ちゃんと感謝しないとだわ。
ありがとさんです011.gif















[PR]
by akariterrace | 2016-03-09 21:57 | なんとなしのはなし