灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

sunny-side up☆

「主張」と「攻撃」は同じじゃぁないんですよ…
そこの認識が曖昧なことがよく見られるのでちょっと軽く整理整頓。

自分の好き嫌いを自分の中で認識していたとしましょう。
そのあとに、なぜかその認識結果を他者への攻撃材料にしちゃって、
認識を確固たるものにしちゃえ!!と無意識に戦いを挑むことがあります。

例えば、、、
目玉焼きにかけるのは「お醤油」「ソース」「ケチャップ」「塩コショウ」「その他」?
「わたしは醤油よん」と認識して、目玉焼きには醤油が好きなの一番なのと思ってる。
そこで、「いやいやわたしはマヨネーズですわ」て人にわざわざ出向いて「なんで?!」て
意見対立を始めちゃう。
だってわたしが正しいもん、そうでしょう?お醤油じゃない人はどこかおかしいのよ。
あの人が変なんだから私はまともに違いないわ、だってそうでしょそうでしょう?!!

ワタシハマチガッテナイモン!!

とまぁ、こんな感じ。

目玉焼きという平和なネタを例にしたけれど、実生活の中ではもっといろいろ「意見の違いや思い方の違い」なんて
ざらにありますよね。

なぜ戦っちゃう、挑んじゃうことの背景に気づけたら楽かなぁと。
自分の主張で相手を負かさないと存在できない自分がいる…そんな弱みをもっている「錯覚」が
あるんだと思います。
本当はね、他者と比較して自分が浮き彫りになったところで「あぁ、これが自分か」て分かればもう
十分なんです。
いちいち無駄な戦いは挑まず、こころ穏やかに明るみにでたご自分と向き合ってそして付き合ってくだされ。

そういう方のリーディングさせてもらうと、「自分の中の神様が罰するから」という理由で自分の
正当性を主張するパターンもお見受けします。
神様はそんなにおせっかいなことしません。

自他共に何かを責めてしまう背景に気づけると、今年の大掃除は楽にいけそうですよ。

牡蠣がプリプリで美味しいよ〜ん。
生牡蠣は時間によっては半額で手に入るので、多めに買えるのがまたうれしいなり。














[PR]
by akariterrace | 2015-11-28 21:51 | なんとなしのはなし