灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

U〜ME!!

以前にもこちらで話題にいたしました、鍼(はり)の先生のハナシ。
御年75歳のイケメン鍼灸師さんです。
マスター。

ちょっとまえにまたお伺いしました。

「もう自分らしく生きるのをやめてみてもいいんじゃない?」

と、私の体を触診して観た瞬間おっしゃりましたがな。

ガツーン
がびょーん
  でした。

「パターンが出来ちゃってね、それに体が悲鳴あげてるよね」
と、さらに。

ほえーっ

自分らしく、、、を捨ててもいい、、んだねぇ。
と、そのときは「自分らしくあること」を当たり前に自分に追求していたことに
初めて気付けました。
「自分らしく」をなくしても、自分はなくならない。

自分らしい服
自分らしい言葉
自分らしい表情
自分らしい選択
  むげん。

もちろん、それらには良い悪いがあるわけではなくて、たまたま私はその「らしさ」を
手放してみてもいいかな、と思える時期を自分が選択しただけで。

らしさがなくなって「あんた誰?」て言われるくらいになっちゃうのもアリだよなぁ。
そこまでの領域はなかなかな気がしますが。

75年もちゃんと時を重ねて行ったら、わたしもほほえんでさわやかにかろやかに
「やめちゃえば?」て言えるのでしょうかね。
ふふふ。
楽しみが増えたとです。

梅がすっかり出回ってますね。
「梅雨だねぇ」とぶつぶつ言いながら梅をじろじろ見ております。
あの色と香りと姿形を見ていると、なんやら不思議な気持ちになるのは私だけか。
顔描きたくなるんですよね。ウメに。

やらないけどね。


[PR]
by akariterrace | 2015-06-18 12:14 | なんとなしのはなし