灯りテラス          色と言葉とお茶の時間 akariteras.exblog.jp

ムスメよ、ベーグルはドーナツじゃぁないんだ。

「失うもの」て、実は無いらしいんです。
失った気になってるだけ、みたいで。

失ってしまったー!!と捉えている対象は、もともと自分のものではないという
だけであります。
自分のものは、失おうとしても失えないのです。

頑張って稼いだお金も、大事な人との関係も、かわいかったくまちゃんのぬいぐるみも、
自分の体でさえも…。

でもさ!!じゃぁ、このいやぁな感情はどうしてくれんのさっ!!
何かを無くしたから、こんな気持ちになってるんじゃん!!

て、なりますよねぇ。

その感情は感情で、1つの生理現象と同じなので、へんにジャッジせずにちょっと意識的に
眺めるくらいの姿勢になれたらよいですね。
なかなか難しかったら、いまは無理なのかー、しょうがないな、で十分でしょう。
むりくり、まとめたり消化しようとしたりしなくて大丈夫てことです。

ただ、こういうときて「埋めたくなる」錯覚をいだきますから、そもそも何も失ってないじゃん、という
ことへの気付きは有効かなと思います。
失った感じのストレス状態はちゃんと癒せますから、そんなときはご一報ください。
(へんなもので埋めないでおくれやす)

最近はお庭でお昼ごはんをポケラーと食べることが多いのですが、一緒に超アメリカン珈琲を淹れるのが
わたしの流行。

昔、珈琲屋さんで働いていたときに「アメリカンのアメリカンちょうだい!」というおじさまが
お客さんでいらっさいました。
つまり4倍希釈?
アメリカンコーヒーて、当時はお高級な紅茶の代替品として親しまれていたのですね。

アメリカンのアメリカンおじさん、お元気ですかー?
もう定年迎えられましたかー?
わたし、やっと「アメリカンのアメリカン」の美味しさや魅力に気づけましたよ〜
15年て、そういうことなんですね。







[PR]
by akariterrace | 2015-05-25 13:28 | なんとなしのはなし